フォロー記事投稿  戻る
 投稿者:  投稿日:2018年11月09日(金)23時01分43秒  

日本でも人気の高級ぶどう「シャインマスカット」。 
 平均糖度19度の甘さが特徴で、日本の研究機関が30年かけて開発した、まさに
“日本が誇る”品種だが、実は今、このシャインマスカットが韓国でも大人気なのだという。 
https://sp.fnn.jp/posts/00386330HDK 
https://i.imgur.com/gWLZZZV.jpg


ソウル市内のスーパーマーケットでは、果物コーナーの目立つ場所に山積みにされるなど、
その人気が見て取れるシャインマスカット。 
そのおいしさが「海を越えた」と思いきや…箱に書かれていたのは、「国産」の文字。 

 実は、このシャインマスカットは全て韓国産、日本に無断で栽培されたものなのだという。 
https://i.imgur.com/24SemqZ.jpg

 
“無断栽培”のシャインマスカットが堂々と店に並べられている、ぶどうが特産品の
韓国中部・金泉(キムチョン)市。 
しかし、無断栽培を行っている農家を直撃すると「シャインマスカットを栽培すると
値段がいいんですよ。盗んだとかではないでしょう、それは無いと思う。外国から違法で
何かを持ってくることはできない」と、作っているぶどうが無断栽培にあたるとは
知らない様子を見せた。 
https://i.imgur.com/zNz4HlC.jpg


この現状に、農家には危機感が広がっている。 

 山梨・甲州市のぶどう農家は「シャインマスカットの人気というのは、ぶどうの生産農家
にとっては非常にありがたくて、救世主のような品種。それを(海外に)無断使用されて、
逆に国内の農業がつぶれるようなことはあってはならない」と語った。 


 農水省は、海外で品種登録を行う際の経費の支援などを通じて品種の流出を防ぐとしているが、
果たして、「日本ブランド」を守ることはできるのだろうか。 


※引用文中の外部画像はリンクに変換されます。アップロード画像は引用されません

投稿者
メール
題名 
画像
(横幅2000pixel、高さ2000pixel、サイズ16384KBまで。)

内容; (本文中に「%image」と書くとアップロード画像はその部分に挿入されます)

荒らし警戒中につきご協力お願いします

矢印のついたチェックボックスだけオンにして から投稿してください。
動作がおかしい時は連絡ください>tebu@104.net
URL自動リンク 画像URLを<IMG>に展開  表示件数 背景色 画像表示


あやしいわーるど@じょしあな + TeamMIZUIRO v3.05相当 + 顔文字カウンタ